2022.11.24 映像解析AIを活用した交通量・通行量調査サービス「SCORER Traffic Counter Cloud」のAIアルゴリズムをアップデートし、計46種類の属性情報取得が可能に!

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(本社:東京都台東区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、「SCORER Traffic Counter 」のAIアルゴリズムをアップデートしました。検知精度の向上以外にも属性情報追加が行われ、計46種類の情報が取得できます。「踏切の通行量調査」や「自転車交通量の調査」などの新しいユースケースにも対応が可能となりました。

 

SCORER-traffic-counter-branding-image-1

アップデート内容

「SCORER Traffic Counter Cloud」では、ディープラーニングによる画像認識領域で高い技術力を持つアルゴリズム「SenseVideo」を搭載しており、高い計測精度を実現しています。この度、このアルゴリズムを最新版にアップデートし、「SCORER Traffic Counter Cloud」に適用しました。
アップデートより、検知精度の向上に加えて計46種類の属性情報取得が可能となりました。より細かな統計情報を取得できるようになり、様々な調査ニーズに対応することができます。なお、本サービスでは個人情報の取得は一切行っておりません。


<代表的なアップデート>

■自動車(四輪車)
 ・タンクローリー等特殊車両分類追加
 ・トレーラーの有無検知
■二輪車
 ・乗車人数(二人乗りの検知)
 ・乗車状態(乗っている/手押ししている)
 ・車種分類
  モーターバイク
  原付バイク 
  トライシクル 
  自転車 
  ベビーカー 
  車椅子 
  その他
■歩行者
 ・傘の有無
 ・携帯電話利用の有無
 ・歩きタバコの検知
 ・マスクの有無
※各種属性情報はAIアルゴリズムによる推定を行っているため、解析対象の動画の画質や対象物との距離によって検知精度が変動します。

詳細なログ情報は以下のリンクからご確認ください。
https://support.scorer.jp/hc/ja/articles/12472303169305

 

アップデートによる新しい2つのユースケース

1、「踏切の通行量調査」

車いすやベビーカーの脱輪などによる事故増加に伴い、踏切利用者の中でもより詳細な分析が必要となる場合があります。踏切障害物検知装置の導入や脱輪防止の対策などが推進されていますが、より優先度の高い箇所を可視化する目的で、通行量調査を行うことが可能になりました。

踏切の交通量調査

 

車椅子の検知可能に

2、「自転車交通量調査」

自転車活用推進法の施行後、国土交通省を中心に自転車活用の推進が計られており、自転車に特化した通行量調査数が増加しています。従来の「SCORER Traffic Counter Cloud」では、自転車と自動二輪車の分類ができていませんでしたが、今回のアップデートにより可能となります。また、乗車状態も検知できるため、自転車禁止区域での歩行の確認も可能です

バイクと自転車を分類カウント可能になりました。

AIを活用した交通・通行量調査「SCORER Traffic Counter」概要

映像解析AIプラットフォーム「SCORER Cloud」へアップロードした道路や街中の映像をWEB画面で操作するだけで、通行量を簡単に計測可能なサービスです。車両・歩行者の検出やトラッキングには、ディープラーニングによる画像認識領域で高い技術力を持つアルゴリズム「SenseVideo」を搭載しており、高い計測精度を実現しています。さらに、クラウド録画カメラ「Safie(セーフィー)」とAPI連携が可能で、設置しカメラで撮影した映像を「SCORER Traffic Counter」に自動的にアップロードすることができます。国内トップの解析実績を誇るセルフサービス型オンデマンド解析により、高い機器を購入することなく、必要な時に必要な分だけのAI解析を実施することが可能です。国土交通省の入札仕様に定義されている、検知率90%以上を大きくクリアしている高性能AI解析サービスです。

プロダクト詳細ページ

https://www.scorer.jp/products/score-traffic-counter

ユースケース

  1. 道路交通センサス等の自動車交通量調査
  2. 商店街等の賑わいを可視化する通行量調査
  3. 踏切の通行量調査
  4. 自転車交通量調査
  5. 店舗開発における商圏分析、マーケティング調査

 

価格


・59分間/月 まで無料
・動画1時間あたり 1,650円(税込)



導入実績


200社以上(2021年度に実施された道路交通センサスでも多数利用)

 

本件のプレスリリースURL

https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=17039&release_id=93&owner=1

 

一覧ページへ戻る

前の記事

次の記事

 

映像解析AIで新しいこと、
はじめてみませんか?
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから 
SCORERが3分で分かる 資料ダウンロード

映像解析AIを使ったビジネスを始めたいパートナー企業を募集していますPARTNER PROGRAM

VARパートナー(付加価値再販)

VARパートナー(付加価値再販)

SCORER Ready等、弊社が用意しているパッケージに対して、導入コンサルティングやマーケティング企画など貴社の強みにあった付加価値をつけて再販いただくパートナー企業です。

integration_partner

インテーグレーションパートナー

貴社の技術力や開発力を活かし、SCORERを活用したサービスの開発や導入支援、導入後のサポート対応を行って頂くパートナー企業です。
※案件は弊社でご紹介いたします。

詳細を見る

一部パートナー企業