d17039-39-781302-0

AI検温パスポート

検温結果のプリントアウトで検温作業を無人化

概要

サーマルカメラの検温結果をプリントアウトし持ち歩いて頂くことで、医療機関、飲食店、商業施設等での検温作業の省力化が可能です。

ユースケース

  • 多数のテナントが入っている商業施設での検温の一元化
  • 飲食店や医療機関等での検温作業の無人化

特徴

POINT1:人手がかからない

検温結果をプリントアウトし顔写真・検温結果・日時・施設名・フリーメッセージを印刷します。これにより、サーマルカメラ付近にスタッフを配置して検温結果を確認する必要がありません。受付やレジなどの普段からスタッフを配置する場所でチェックすればいいので、業務への影響を最小限に抑えることができます。

POINT2:分かりやすい

写真付きでプリントアウトしますので、事前に登録していなくても、写真付きで本人であることの確認が簡単にできます。個人情報の収集をしなくても確認ができるため、管理コストの低減が可能です。また、日時も印字されるのでショッピングモールなどの近距離店舗同士で共用することも可能です。

POINT3:使った分だけお支払い

コードを繋ぐだけの簡単設置。ご希望の設定を伺い、セットアップした状態で出荷します。電源を繋いでいただきすぐにご利用が可能です。お客様がご準備するのは電源と設置場所だけです。サーマルカメラ固定クレードルも付属するので、100㎝前後のハイカウンターテーブルを推奨します。

POINT4:ログ保存可能

単独版とNW版の2種類をご用意。NW版では映像解析AIプラットフォーム「SCORER」に接続するLTE通信機能とプラットフォームへのログ保存機能を提供します。顔写真や検温結果、日時などのログデータを保存できます。また、サーマルカメラ本体の顔認証機能と組み合わせて従業員の検温記録も可能です。

価格

初期費用 450,000円(税別)
月額費用   10,000円/月(税別)

提供機器一覧

  • サーマルカメラ+クレードル
  • 小型PC
  • モバイルプリンタ
  • LTEルータ(NW版のみ)
※ 各種接続用ケーブル初期費用および月次費用は月末締め翌月末払いでのご請求となります。

注意事項

  • 本サービスおよび構成機器で測定されるのは、「体の表面温度(体表温)」であり一般的な体温計で測られる「体温」の値とは異なります。
  • 本サービスおよび構成機器は人体がウィルスに感染しているかどうか判別する機器ではありません。
  • 体表温は計測時や計測前の環境条件、被測定者の状態等により変動します。
  • 本サービスおよび構成機器によるスクリーニングで発熱の疑いが出た場合は、体温計での再検温を推奨します。
  • 本サービスおよび構成機器は、薬事認証を取得した医療機器ではありません。
  • 本サービスおよび構成機器は、診断などの医療行為にはご利用頂けません。
 

映像解析AIで新しいこと、
はじめてみませんか?
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから 
SCORERが3分で分かる 資料ダウンロード

映像解析AIを使ったビジネスを始めたいパートナー企業を募集していますPARTNER PROGRAM

VARパートナー(付加価値再販)

VARパートナー(付加価値再販)

SCORER Ready等、弊社が用意しているパッケージに対して、導入コンサルティングやマーケティング企画など貴社の強みにあった付加価値をつけて再販いただくパートナー企業です。

インテーグレーションパートナー

インテーグレーションパートナー

貴社の技術力や開発力を活かし、SCORERを活用したサービスの開発や導入支援、導入後のサポート対応を行って頂くパートナー企業です。
※案件は弊社でご紹介いたします。

詳細を見る

一部パートナー企業