flow

動線分析

複数カメラ画像を統合し動線を可視化

概要

複数の小型カメラで撮影した映像を統合して、解析することで、人の動き・軌跡を計測可能です。

複数のカメラをそれぞれ撮影領域が重なるように設置し、映像の重なりを設置画面から設定します。そしてAIを用いて人の動き(軌跡)を解析し、その解析データを統合することで、リアルタイムに人がどこにいるかを把握します。

人の動きがわかることで、「施設の混雑解消」、「製造現場での効率化」などへ活用可能です。

flow

ユースケース

  • 製造業における工場の作業効率化
  • 店舗における顧客動線の分析

導入事例

 

映像解析AIで新しいこと、
はじめてみませんか?
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから 
SCORERが3分で分かる 資料ダウンロード

映像解析AIを使ったビジネスを始めたいパートナー企業を募集していますPARTNER PROGRAM

VARパートナー(付加価値再販)

VARパートナー(付加価値再販)

SCORER Ready等、弊社が用意しているパッケージに対して、導入コンサルティングやマーケティング企画など貴社の強みにあった付加価値をつけて再販いただくパートナー企業です。

インテーグレーションパートナー

インテーグレーションパートナー

貴社の技術力や開発力を活かし、SCORERを活用したサービスの開発や導入支援、導入後のサポート対応を行って頂くパートナー企業です。
※案件は弊社でご紹介いたします。

詳細を見る

一部パートナー企業