密集検知

密集検知

遠隔で密集状況を計測

    概要

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、現場の密集状況を把握できます。現地にカメラと端末を設置するだけで撮影した静止画を自動的に分析。管理者は遠隔地から状況を確認することが可能です。

    密集検知概要

    背景と課題

    新型コロナウイルスの感染下において、緊急事態宣言解除と共に、商業施設が営業を再開しており、大規模イベントも徐々に開催されることが想定されます。

    来訪者に安心して利用してもらうために感染対策の実施を可視化することや、従業員に安心して業務を遂行してもらうために、管理者は何らかの対策を取る必要があります。

    しかし、現場にいないことが多い管理者は、状況や傾向を把握することが難しい状況です。そのため、遠隔から密集状況を把握するシステムの導入を検討するものの、導入に踏み切れていないケースが多く、その最大の要因は、導入コストです。

    密集検知サービス-image-1

    特徴

    必要最低限の機能に絞ったサービス設計で、
    導入コスト及びランニングコストを低減することが可能です

    POINT1:常時計測ではなく、低頻度計測

    • 常時計測ではなく10分間隔で測定することにより、コスト高になってしまう解析端末を安価に導入できます
    • データ量が大幅に抑制できるため、通信費(ランニング費)を抑制できます

    POINT2:導入・運用が簡単

    • 現地に機器を設置し、電源を入れるだけで計測を開始できます
    • 管理者は計測データの可視化サイトを逐次チェックするだけ
    • Wi-Fi対応のカメラのため、有線LAN工事が不要です

    ユースケース

    人が多く集まる様々な利用箇所でのお引き合いをいただいております

    密集検知サービス (1)
     

    映像解析AIで新しいこと、
    はじめてみませんか?
    まずはお気軽にご相談ください。

    お問い合わせはこちらから 
    SCORERが3分で分かる 資料ダウンロード

    映像解析AIを使ったビジネスを始めたいパートナー企業を募集していますPARTNER PROGRAM

    VARパートナー(付加価値再販)

    VARパートナー(付加価値再販)

    SCORER Ready等、弊社が用意しているパッケージに対して、導入コンサルティングやマーケティング企画など貴社の強みにあった付加価値をつけて再販いただくパートナー企業です。

    インテーグレーションパートナー

    インテーグレーションパートナー

    貴社の技術力や開発力を活かし、SCORERを活用したサービスの開発や導入支援、導入後のサポート対応を行って頂くパートナー企業です。
    ※案件は弊社でご紹介いたします。

    詳細を見る

    一部パートナー企業