remote_ventilation_image

リモート換気チェッカー

CO2濃度・気温・湿度・騒音を「見える化」し、リモートで換気確認

RVC_main

リモートで換気状態を確認!

スクリーンショット 2021-03-03 142517

換気状態が数値化されて、空気の安全性が目に見える

現場から離れていてもリモートで管理できる

大型ディスプレイで表示できるからお客様にも見てもらえる

計測画面 イメージ

空気の状態を数値で表すことで換気をサポート

来場者に適切に換気していることを示せて安心

実際の画面 (リアルタイム・リモートアクセス)

こちらの画面は、当社オフィスに設置したデモ機にVPNアクセスして画面取得をしています。
サーバを介さず直接通信していますので、実際に利用いただくものと同じイメージとなります。

<注意事項・免責事項>
・メンテナンス等の目的で、予告なく表示を中止する場合があります。
・同時アクセス数に制限があるため、表示がされなくなる場合があります。
・グラフは表示までに少し時間がかかる場合があります。
・こちらの画面は開発中のデモ機となりますので、UIの修正などが行われ、実際の製品とは異なる場合があります。

空気中のCO2濃度は目に見えない

感染症対策には室内換気でCO2濃度を1000ppm以下(*)にすることが重要であることが政府分科会から示されています。

*参考(厚生労働省):https://www.mhlw.go.jp/content/000695178.pdf

CO2濃度_内閣府資料

※参照:内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

自覚症状が出始めるのは1500~2000ppmであり、1000ppm前後のときは目立った症状が出ない

矢印ボタン 下2

推奨基準である1000ppm以下を維持するにはCO2濃度センサーが必要

お手持ちのパソコン・スマートフォンのWebブラウザからタブレット端末へアクセスすることにより、現場にいなくても換気状態をリアルタイムに確認できます。

また、大型ディスプレイで検知結果を表示することも可能です。来場者の方に換気の様子を見ていただくことで、運営者と利用者の双方の安心に繋がります。

空気の状況がひと目でわかる

環境情報を可視化することにより「適切に換気を行っている」「大声で話さず感染リスクを避けている」ことを証明することができます。

主な機能
・「適切」と判断する数値の範囲が細かく設定できる
 →設置環境を考慮した計測が可能

・範囲を超えると画面上でアラート表示することが可能

これらの設定はパソコン・スマートフォンから操作できます。

 

NDIRセンサー搭載

当製品はNDIR方式のセンサーを搭載したCO2濃度計測器で構成されています。

NDIR(Non Dispersive InfraRed)センサーとは、赤外線を使ったCO2センサーのことです。

赤外線は高精度で二酸化炭素を計測できるのが特徴で、非常に安価なCO2濃度計測器はNDIR方式ではない可能性があるので注意が必要です。

厚生労働省の換気推進ガイドラインにもNDIR方式の計測器が扱いやすいことの表記がされています。
参考)https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15102.html

想定ユースケース

ワクチン接種会場

医療機関・ワクチン接種会場など

飲食店

飲食店など

AdobeStock_285410219

保育園や介護施設など

価格

販売価格(キャンペーン価格)

本体費用:198,000円(税込) → 99,000円(税込)
月次費用:4,400円(税込) → 1年間無料!
※2021年6月30日までの期間限定価格となります。

※本製品に利用されている技術は株式会社フューチャースタンダードにて特許出願中です。

販売代理店制度

「リモート換気チェッカー」及び「AI検温パスポート」、「ハンディ換気チェッカー」は販売委代理店制度を導入しております。
代理店登録については下のリンクより詳細をご確認ください。

代理店登録について
     

注意事項

  • 本サービスおよび構成機器は、薬事認証を取得した医療機器ではありません。
  • 本サービスは新型コロナ感染症対策助成金の対象となる場合があります。くわしくはこちらをご参照の上お問い合わせください。

メディア掲載情報

 

映像解析AIで新しいこと、
はじめてみませんか?
まずはお気軽にご相談ください。

SCORERが3分で分かる 資料ダウンロード

一部パートナー企業