映像解析AIプラットフォームSCORER

SCORERとは、システム開発者向けPoC不要な映像解析AIプラットフォーム”

SCORERの強み
無料資料ダウンロードはこちら

導入実績

こんな課題を抱えてませんか?


PoCばかりで事業開発が進まない・・・・

SCORERなら、技術検証が不要です豊富な事例と柔軟なプラットフォームだから可能です。※95%以上の案件で技術検証を省略(当社実績)

案件ごとにデバイス・アルゴリズム等のパーツを探すのが手間すぎる!!!

SCORERなら、複雑な検証は必要ありません!なぜならば、デバイス・アルゴリズム等のパーツはプラットフォームに取り込んでおります。

クライアントと予算が合わずに苦慮している・・・・

SCORERなら、最低金額 1,650円~から利用可能とかなりお得です!

SCORERが映像解析AIシステム開発のハードルを大幅に下げます!

これまでの映像解析AIとSCORERの比較をするとコストを大幅に削減できることがわかります。

SCORERはPoC=技術検証プロセス不要にし、“ビジネス検証からプロジェクトを進める”ことでやりたいことを早期・安価に実現することが可能です。

PoCが不要で”最大ー70%の開発工数削減”を行える理由

PoC(概念実証)

プラットフォーム上で検証するだけで、映像解析AIシステムのアウトプットイメージを作る事が可能です。

2つの理由

  • 映像解析AI黎明期よりシステム開発を行ったソリューションや、30以上の学習済みAIがプラットフォームに実装されており、要件に合わせて必要なAIを組み合わせて検証する事ができます。

 

  • 映像データや画像データをアップロードしてプラットフォーム上で簡易的な検証ができます。

SCORER Platformとは、


2分の動画でわかるSCORER

SCORER Platformの特徴

scorerの俯瞰図

SCORERは、映像解析AIの開発基盤や運用環境が用意されております。お客様のニーズに合わせて、システムを選定カスタマイズする事で、導入コストを抑えつつ、映像解析が早く行えるようになります。

例えば、

1、機材選び
2、回線の手配
3、収集したデータの解析方法
4,PoC

などの工数を削減する事ができます。

また、利用環境が変わると再構築しないとならない課題も多くありますが、再構築の手間も省く事ができます。

SCORER Platformの製品


SCORER のイメージ画像
SCORERサービス一覧

SCORER Cloud

SCORER_Cloud

映像データをCloudにアップロードする事で、Cloud上でAIアルゴリズムを使い解析する製品です。VPN連携を行いSCORER Edgeの各端末を管理する機能もございます。

主な機能
1,学習済みAIを利用可能
2、30以上のAIアルゴリズムを利用可能
2、Safieカメラとの連携
3、VPN利用のSCORER Edge端末を管理する機能
4、解析結果のエクスポート機能

SCORER Edge

SCORER_edge

現地にカメラと一緒にEdge端末を設置し、Edge端末上で映像解析・画像解析AIを使い、リアルタイム・ニアリアルタイムの速度で、解析する製品です。AIカメラとも呼ばれていたります。また、システム開発キット「SCORER SDK」でエンジニアコストを大幅に削減する形で、映像解析・画像解析AIシステムを開発する事ができます。

主な機能
1,リアルタイム・ニアリアルタイムでのAIを使った映像解析
2、SDKを使ったコスパの良いシステム開発
3、「セーフィー」「ギガらくカメラ」「coomonita(コーモニタ)」とストリーミング接続
4、BIツール機能
5、解析結果のエクスポート機能

SCORERの詳細情報を記載した無料資料をダウンロードいただけます

無料資料ダウンロードはこちら

SCORER Platformを活用する事ができるシーン


当社は、SCORER Platformのリソースをうまく使い。他社よりも最大ー70%の開発工数で開発を行い、開発費用を抑える事ができます。、また、映像解析AIシステム開発の「PoC・コンサル・要件定義・開発・保守・運用サポート」まで、全て一社一貫して提供する事が可能です。

 

Scene1:映像解析AIのOEM開発

OEMの映像解析AIシステム開発
  • 映像解析AIのシステムのアイディアがある。
  • DXのアイディアやプロジェクトがある。

 

映像解析AIシステムのアイディアがあるけど形にできない。形にするコストを削減したい場合など、OEM開発をご希望されるお客様のご対応も可能です。

Scene2:映像解析AIの受託開発

映像解析AIシステムの受託開発
  • 既存のシステムのアップグレードがしたい。
  • システム開発が難航している。
  • 他社が割高で予算が合わない。

難易度が高く他社で開発ができなかった案件なども、SCORERに依頼すれば、実現できる場合が多くございます。ので、気軽にご相談ください。

Scene3:映像解析AIのプロダクト

SCORERを活用したAIプロダクト
  • SCORER Traffic Counter
  • SCORER Traffic Counter Edge
  • 画像認識型交通量観測装置
  • 道路事象検知装置
  • リモート喚起チェッカー
  • AI検温パスポート
  • ハンディー喚起チェッカー
  • SCORER連携サーマルカメラ

など、SCORER Platformを活用し、SCORERの運営会社するフューチャースタンダード社製の映像解析AIプロダクトがございます。

会社概要


運営会社:フューチャースタンダード

・会社名:株式会社フューチャースタンダード

(英:Future Standard Co., Ltd.)

https://www.futurestandard.co.jp/

・設立日:2014年3月4日

・住所:東京都台東区台東4丁目8−7仲御徒町フロントビル 2階

・経営陣:代表取締役: 鳥海 哲史、小川 雄毅

・事業内容:カメラからデータ取得まであらゆる画像処理を用いたトータルサービスを提供するプラットフォーム事業スマホから操作可能なスマートカメラを用いた各種ソリューション開発

・資本金:30,000千円

・取引銀行:三井住友銀行、みずほ銀行

・法律顧問:AZX 総合法律事務所

・ISMS: ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014

映像解析AIについて気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら
無料資料ダウンロードはこちら