2022.10.04 【新サービス】最新AIを活用した”交通量・通行量調査””「SCORER Traffic Counter Edge」をスタート!

SCORER-traffic-counter-edge-1

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、"交通量・通行量調査の新サービス「SCORER Traffic Counter Edge」を発売いたします。導⼊実績のある国⼟交通省仕様の「画像認識型交通量観測装置」と同様のAIモデルをエッジ端末に実装し、安価に常時解析サービスが利用可能となります。クラウドカメラ「Safie」「ギガらくカメラ」「クラウド録画カメラサービス coomonita (コーモニタ)」と連携し、屋外設置時の課題を解消することができます。また、BIツールを内蔵しており、解析結果の可視化やダウンロードも可能となります。

「SCORER Traffic Counter Edge」サービスページは下記URLからアクセスできます。一度ご確認いただけますと幸いです。

https://www.scorer.jp/products/scorer-traffic-counter-edge

「SCORER Traffic Counter Edge」

Only-our-company-can-analyze-by-installing-only-a-camera-at-the-site-with-an-AI-camera (1)提携先のクラウドカメラ「セーフィー」「ギガらくカメラ」「coomonita(コーモニタ)」とストリーミング接続をする事で現場にカメラだけを設置すれば、常時交通量と人数カウントを行えるサービスになります。

提携先クラウドカメラ企業様
・Safie セーフィー株式会社
https://safie.link/

・ギガらくカメラ 東日本電信電話株式会社
https://business.ntt-east.co.jp/content/camera/

・クラウド録画カメラサービス「coomonita (コーモニタ)」 NTTコミュニケーションズ株式会社

<株式会社フューチャースタンダードについて>
株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」します。

代表取締役社長:鳥海 哲史
所在地:〒110-0016 東京都台東区台東4丁目8−7 仲御徒町フロントビル 2階
事業内容:映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
SCORERを利用したシステム開発
URL:https://futurestandard.co.jp/

 

 

 

一覧ページへ戻る

前の記事

次の記事

 

映像解析AIで新しいこと、
はじめてみませんか?
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから 
SCORERが3分で分かる 資料ダウンロード

映像解析AIを使ったビジネスを始めたいパートナー企業を募集していますPARTNER PROGRAM

VARパートナー(付加価値再販)

VARパートナー(付加価値再販)

SCORER Ready等、弊社が用意しているパッケージに対して、導入コンサルティングやマーケティング企画など貴社の強みにあった付加価値をつけて再販いただくパートナー企業です。

integration_partner

インテーグレーションパートナー

貴社の技術力や開発力を活かし、SCORERを活用したサービスの開発や導入支援、導入後のサポート対応を行って頂くパートナー企業です。
※案件は弊社でご紹介いたします。

詳細を見る

一部パートナー企業